住まいの相談窓口 株式会社サンクレスト

tel055-944-6817

お問い合わせ

ブログ

『リノベーション』カテゴリーの投稿一覧

節水タイプのトイレに交換するときの注意点
2016.09.26 トイレ, リノベーション

お客様から、節水型の洋式トイレに変更したいと要望が多くあります。

おおよそですが、

1990年代の洋式トイレですと、1回の流量が、大で15L前後の水が使われます。

それ以前の、水を流すレバーに大小の区分けのない洋式トイレですと、20L前後の水が使われていました。

 

最近では1回に流す水の量が、6Lとか5L未満のトイレもあります。

この時、節水型のトイレに交換したいとの要望を沢山伺いますが、ここが単純にはいかないのでご注意を。

 

そもそも、排泄物を流すために必要な水をです。

 

この水を少なくするとはどういうことか???

流す水を少なくすることですから、流す力は弱くなります。

 

この力が弱くなっても流れるかどうかを、きちんと検討してください。

 

特に、戸建て住宅の場合、

  • トイレの設置位置が、浄化槽や公共下水までの距離がある。
  • 汚水配管が床下をとおっている。
  • 過去にトイレがつまってしまったことがある。

上記のひとつでも当てはまる場合、ほどほどの節水機能にしておくほうが良いです。

配管が詰まってしまった場合、最悪のパターンでは

2階のトイレが便器から水漏れして

1階まで水浸しになってしまうことも。。。

 

なにも考えず、「節水トイレは流す水の量が少ないからお得ですよ。」という営業には

「途中で配管がつまったりしない?」と聞いてみてください。

「問題ないですよ。大丈夫ですよ。」と即答する人は事実を知らない可能性が非常に高いので

避けたほうが無難です。

検討します。といって帰ってもらいましょう。

 

プロなら、配管経路と勾配が、

気にならないはずがありません。

必ず調べることです。。

 

節水型トイレは、省エネの一環として普及してきました。

しかし省エネのためにトイレが詰まってしまっては元も子もありません。

つまりを直してもらうのにお金がかかっては、

家計にやさしくない省エネになってしまいます。

 

わからないことがあったら、どんな小さなことでも聞いてください。

水回りのプロから勧められるトイレの秘密をお伝えできます。

 

 

浴槽やユニットバスの防水は大丈夫ですか?
2016.09.16 バスルーム

浴槽やユニットバスの防水について、ハウスメーカーは

本当のことを教えてくれません。

 

浴槽やユニットバス接合部にはコーキングが施されています。

このコーキングは経年劣化で欠けやひびがでてきたり、剥がれてきます。

施工後の保証期間は、メーカーで5年程度のものがほとんどです。

 

問題なのが、その後についてですが、メーカー保証外なので

万が一水漏れを起こしていたら。。。。

 

この水漏れというのは厄介で、漏れていても

被害が出るまで気が付かないのです。

 

そして水漏れの被害というのは、大きな被害になります。

 

下地が腐ってしまい、建物の浸食・劣化に直結します。

恐ろしいシロアリ被害や家の腐食など、せっかくの住まいが

数年で傷んでしまう可能性があるのです。

koking

 

またコーキングの劣化による水漏れが原因で

バスタブにヒビなどの損傷がなくても

バスタブごと交換しなくてはいけない状態に

なることもあります。

 

業者に防水工事をお願いするときの注意点もあります。

業者によっては、使用年数で「お風呂を新しく交換しましょう」

 

としきりにお風呂の交換工事を勧めてくる業者もあります。

 

その場合は、なぜ交換したほうが良いと判断したのか

その判断理由を尋ねてください。

 

うまく説明できずに、「○年ぐらい経過しているから」と

年数だけを理由に交換を進めてくるケースが多々あります。

 

さらに、「いまなら特別価格で」といった費用を安くする営業

をしてくるかもしれませんのでご注意。。

 

 

トイレの水がでない!!そんな時の原因に多いのが...
2016.09.01 トイレ, リノベーション

トイレの水が出ない!意外な原因とかしこい対処法って?

 

「トイレの水が出ない」というトラブルも水が止まらないケースと並んで多いもの。便器に水が出ないとなれば汚物を流すこともできず、これも一大事です。水が出なくなったらすぐにすべき応急処置の手順から根本的な原因を突き止める方法までをご紹介します。

トイレの水が出ない原因って?

トイレを流そうとハンドルを回したものの、何度試しても水が流れてこない…。考えただけでもひやひやしてしまいますよね。しかしこういったトラブルは、水が止まらないというトラブルと並んでよく起こりがちなもの。

便器内の汚物は、バケツで水を汲んできて注ぎ込むと簡単に流れます。まずはこちらで応急処置を行い、その後落ち着いて原因を突き止めましょう。

まずはタンクのフタを外し、中に水があるかどうか確認します。水がある場合は、給水管からタンクへの水の供給は問題なく行われているが、タンクから便器への排水に問題があるということになります。

よくあるのが、タンク下部にある「フロートバルブ」という部品とハンドルアームをつないでいるクサリがはずれたり切れたりしているケース。

こうなるとハンドルを回してもフロートバルブが動いてくれないので、排水口はふさがったままに。当然タンク内の水は便器に流れることができません。レバーのフックにクサリをかけなおしたり、新しいクサリと交換しましょう。

 

kusari_cut

画像元:住まいの宝箱

応急処置として、クサリを購入するまでの間ビニールひもなどで代用することも可能です。ひもは少したるませて結びつけなければなりません。古いクサリを外して同じ長さに切り、調整するとうまくいきます。

タンクに水がないときは、浮玉を下げてみる

反対にタンクに水がない場合は、そもそも給水管から水をうまく取り入れられていないということです。まずは止水管が閉まりすぎていないかチェックしましょう。

止水管に問題がなければ、「浮玉」という部品に原因があるのかもしれません。タンクへの給水をつかさどる「ボールタップ」という部品は、この浮玉の位置によってその必要性を判断します。浮玉が下がっていれば水位が下がっていると判断し、給水を行うのです。

実際には水位が下がっているのに、何らかのトラブルで浮玉が下がらなければ、ボールタップは水量が減っているのに気づくことができません。その結果タンク内の水がなくなり、便器からも水が出なくなるというわけです。

タンクのフタを外して、浮玉の状態をチェックしてみましょう。タンクの内側の壁に引っかかっているのを正したり、手で下に押すだけでなおる場合もあります。

それでも解決しない場合は、浮玉とボールタップの接続がゆるんでいるのかもしれませんので、しっかり閉めなおしましょう。浮玉の支持棒をペンチなどで横から見て少しへの字になるように曲げるのも、ひとつの方法です。

 

ukidama

画像元:TOTO

これらの方法により浮玉を適切な位置まで下げることができれば、タンクへの給水がはじまるはずです。順序を踏んで確認と対処を進めていくことが、トラブル解決の鍵となります。

 

タンクにペットボトルをいれてませんか?

以前からの知恵で、タンクの中にペットボトルを沈めて、流れる水を調節して水道代(下水道利用料金)を節約する技が流行しました。

実際のところ、我が家でもやっていました。。。やっていましたというのは、このペットボトルがよく詰まるのです。

タンクの中で動かないように固定していた紐がなぜか緩んでしまいタンクが当初固定していた位置から浮玉やフロート弁と干渉してしまうのです。干渉していると、水が出なかったり、流れたまま止まらなくなります。でないのはまだしも、節約するはずが流れっぱなしってね。。。

時には一晩中流れっぱなしのこともありました。なので今はペットボトル節水案は破棄しました。

もっとも、いまではタンクも進化して、節水型になってきているのでこのような策は不要です。

逆にこれ以上節水しようとしても流れるものが流れなくなることもありますので、やらないでくださいね。

配管を詰まらせたら、簡単には治らなくなりますので。

petbottle

画像元:NAVERまとめ

 

従来のタンクは一回の水量が13L、30年以上前だと20Lの水を流します。

最新の節水型トイレは、一回で6L以下ですから、これだけで節水効果は高いです。

 

タンクレストイレが選ばれている訳
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

トイレのリフォームをする際に多くの方がタンクレスのトイレを選ぶようになってきています。洗浄水をためるタンクありのトイレと比べるとおよそ1万円から5万円ほど割高ではあるものの、その利便性から特に女性や年配者に人気が高いようです。

タンクレストイレのサイズは約75cmで、タンクありのトイレと比べると10cmほど小さくなります。この10cmが広がるだけでトイレの室内ではかなり広く感じられます。またタンクがないことから見た目の圧迫感も少なくなっています。また多くのタンクレストイレには、人の動きを感知すると自動的に便座のふたが開閉する機能が付いていて、ふたに触るということに抵抗感のある人だけでなく、腰を曲げることが大変でふたを上げるだけでもつらい、という年配者にも大変好評です。さらに、便座内に照明が取り付けられているタイプもあります。これは夜間にトイレを使用する際、便座の位置をはっきりと示すことで、男性が立って用を足すときの助けとなり、また座る際にバランスを崩して便器内にはまりこんでしまう、という事態を避けることもできます。

タンクレストイレを選ぶと、手を洗う場所を別に設置することが必須で、そのための給排水の設置工事も必要になります。ただ最近では手洗い器もインテリアの一部として考えられるようになってきていて、リフォームのプランに含まれるケースも増えています。また電気で水を流すタンクレスでは、停電時にバケツなどで水を流す不便さがあり、これを解消するために最近では手動レバーや充電池が内蔵されたモデルが発売されています。

食器洗浄乾燥機は本当に省エネなのか
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

「食器洗い乾燥機って、本当に省エネになるの?」という疑問を抱く人が未だに多くいます。電気を使う分だけ消費が大きくなるわけだから、手洗いの方がお得に違いない、と考える人もいらっしゃることでしょう。また、食器洗い機は水をどんどん流して洗っている、という誤解も影響しています。食器洗い機の基本的な働きは、最初にためたわずかな水を高圧で吹き付けて洗う、というものです。そしてデータが示すところによれば、食器洗い乾燥機を使うことは間違いなく省エネにつながります。

食器洗い機のサイズは6人分が一般的なので、6人分の食器およそ40点を洗うとして考えてみましょう。手洗いをした場合との水使用量は80Lから100Lになります。一方食器洗い機を使うと、メーカーによって多少の差はあるものの、約8Lから10Lで洗いあげることができ、手洗いと比較するとおよそ10分の1の量で済みます。これを一日3回行うとすればおよそ250Lの水を毎日節約することができるのです。

水を温める際や乾燥機能を利用することで電気代がかさむのではないか、という心配もあることでしょう。ただお湯で食器を手洗いした場合にはガス代がかかりますから、そのコストと比較すると、食器洗い乾燥機で洗った方が光熱費はおよそ半分で済みます。電気料金のお得な深夜に洗浄すればさらにコストを抑えることが可能で、確かに食器洗い乾燥機は省エネに大きく貢献すると言うことができるでしょう。

太陽光発電システムを導入してお得な電気代
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション, 太陽光発電

温室効果ガスの影響が世界的規模で叫ばれる中、地球温暖化対策の一環として太陽光発電システムが脚光を浴びています。このシステム導入には国の補助金制度を活用できることから、家庭におけるリフォームの一つとして考えられるようになってきています。また発電して余った電気は電気会社が買い取ってくれることから、家計の助けとしても注目されています。では太陽光発電システム設置に際して具体的にどんな点に気を付けて判断すればよいのでしょうか。

家庭用の太陽光システムを搭載する場合、一般的な戸建て向けとしては出力3kWから4kWのタイプが主流で、初期費用は1Kwあたり30万から50万円程度が必要となります。ただ、太陽光発電パネルを付けてしまうと後になって屋根の塗装が難しくなることから、前回の塗装から経過した年数次第では、さらに塗装代が必要となることもありえます。太陽光発電システムで使用するパネルにはシリコン系とCIS系があり、それぞれの特長についてきちんと理解した上で選ぶことは重要です。特に発電効率や発電量は設置後の電気代に直接影響するものですから、前もって施工業者と入念な打ち合わせをすることが大切でしょう。

日中に発電した電気に余剰が発生した場合は、電気会社が割高な金額で買い取るシステムとなっています。ただし、家庭の電気使用量が太陽光発電システムの発電量を上回った場合は、日中に消費する分に関しては割高な金額で電気会社から購入することになります。それで、日中の在宅率など家族としての生活リズムを踏まえた上で決定することをお勧めします。

過ごしやすいトイレの秘訣はこれだ
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

冬暖かく、夏涼しく過ごせる家に住めたらどんなに良いことかと思います。外気の影響を受けにくい部屋は冷暖房の効きが良くなるため、経済的にもお得と言われています。リフォームを希望する大半の人が断熱をどこまで実現できるかに注目していて、特にトイレの断熱にこだわった注文が多いようです。

一般的な家の間取りとして、リビングや居室は南向きに配置されるため、結果として大抵の場合はトイレの位置はほとんど日が差さない北向きになり、部屋としてはほとんど暖まらない、ということが観察されています。加えて水回りであることから湿気も多くなりがちなので、冬場は底冷えのする寒さで、夏場は湿気が多くて大変という声も聞かれます。トイレの場合、単純に断熱材を壁に敷き詰めるだけでは効果は不十分なものとなります。さらに暖房設備と24時間換気を実現する必要があるでしょう。

暖房設備という面では、小型の温風ヒーターやパネルヒーターを設置するのも良い方法です。どちらも瞬間的に暖まるわけではなく、24時間稼働させておくことが理想的です。加えて、最近ではタンクレストイレの中で、便座を温めるだけでなく部屋暖房機能が備わっているモデルがあります。値段は約1万5千円からと比較的購入しやすい値段で、高齢者からの人気が高まっています。これらに加えて、熱気と湿気がこもってしまわないための換気システムとして、センサーで人の出入りを感知して作動するタイプの換気扇を取りつけるなら、一定の快適な温度を保つことができるでしょう。