住まいの相談窓口 株式会社サンクレスト

tel055-944-6817

お問い合わせ

ブログ

『リノベーション』カテゴリーの投稿一覧

子供が独立したら部屋はどう使う?
2015.12.26 リノベーション

子供が立派に成長し、やがて一人の大人として巣立っていく姿を見るのは、親にとって誇らしく感じると同時に、さびしく感じる瞬間でもあります。実際、子供が独立した後は多くの親が「家が広すぎて、もてあましている」と感じるようです。衛生面や治安の面から考えても、使われなくなった部屋を手つかずで放っておくのは望ましくありません。それで部屋を有効活用を目指して多くの人がリフォームを選択します。

核家族化が進む昨今では、独立した子供は結婚して実家に戻るのではなく、マイホームを建設して自分の家庭を持つケースが大半です。そのため実家の部屋はずっと空きが続くことになります。それでリフォームの希望者からは、不要な部屋を取り除いて家をコンパクトにしたい、という注文が多くなっています。特に2階建て住宅を平屋にして、夫婦二人で快適に暮らすための改築が目立っています。

一方で、子供が使っていた部屋の内装を変えて、夫婦それぞれが趣味を楽しむ部屋にリフォームしたパターンもあります。また、子供の帰省や孫たちが遊びに来た時のことを考えてリビングを拡張したり、広いダイニングキッチンに造り替えた人もいます。壁を取り除いてカーテンなどで仕切りをしておき、多数の来客があった時には仕切りを外せばすぐに広いスペースが確保できるようにしたケースもあります。こうした大規模なリフォームをする際には、さらに先を見据えて段差解消や断熱などのバリアフリー対策をも同時に行っておくことが勧められています。

高さを合わせて楽しいキッチンに
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

「システムキッチンにリフォームしたら、料理がもっと楽しくなる」といった宣伝を耳にしたことがありませんか。確かに使い勝手の良いシステムキッチンは誰しも憧れるもので、いざリフォームとなればとことんまでこだわる人も多いようです。快適なキッチンへのリフォームを成功させるためには、どんなポイントを押さえておくべきでしょうか。

スタイルやインテリアに加えてポイントになるのがキッチンの高さです。毎日使う場所だからこそ、この高さが使う人にぴったりとフィットしていることは非常に重要で、お料理を作る時間を快適に過ごせるかどうかに直接影響してきます。まな板を使う場所の丁度いい高さを選ぶ目安は、身長の半分+5cmから10cmと言われています。これが低すぎると、作業の際に腰へ大きな負担がかかってしまいます。また高すぎると肩に必要以上の力が入ってやはり使いづらくなります。最近は3cmから5cmごとに高さを選ぶことができるようになっていて、中には1mm単位で設定してくれるケースもあります。

コンロを設置する高さも確認が必要です。フライパンを使うときや寸胴鍋の中身を確認する時などを想定してみると、包丁を使う場所よりもある程度低いほうが使いやすいと判断するケースもあるでしょう。またウォールユニットも、高すぎると引き出しづらく、低すぎると作業の邪魔になってしまうので注意が必要です。もしユニットが引き出し可能なタイプであれば、ある程度高い位置に収納を設定しても問題はないでしょう。

減築のメリットを考えてみよう
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

「増築」とは、家の部屋数や床面積を増やして大きくすることを指します。最近では、これとはまったく逆の「減築」、つまり部屋数を減らしたり、床面積を減らすことにより家のつくりをよりコンパクトにするタイプのリフォームに注目が集まっています。

「減築」を行うメリットはいくつもあります。例えば使われていない部屋をなくすことで、掃除などのメンテナンスにかける時間や費用を節約することができます。また2階建ての家を平屋に減築する場合には、階段での事故が起きる可能性は皆無になり、手すりなどのリフォームを行う必要もなくなります。また建物の重さが減ることで壁にかかる負担が軽くなった結果、耐震性が向上することも確認されています。さらには日当たりの良くない部屋をなくすことで、日照や風通しも良くなるでしょう。採光の改善を目的として、2階の一部を減築してロフト仕様にリフォームしたり吹き抜けを付けたケースもあります。

減築はお財布にも優しいリフォームです。部屋数を減らして家のサイズダウンを図ることによって、冷暖房機器の効率がさらに良くなり、結果として電気代が安くなります。また延べ床面積によって金額が決定される固定資産税の請求額が安くなる可能性もあります。フリーになったスペースが大きかったため、駐車場を設置して人に貸しているという人もいます。さらに一般的な建て替えと比較した場合、コストは大幅に抑えられます。状況に合わせたコンパクトな暮らしを望む人にとって、減築は一考の価値がある選択肢と言えるでしょう。

動線を考えればキッチンの作業効率が向上
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

システムキッチンへのリフォームを考えるときに、まず悩むのがレイアウトでしょう。I型やL型、最近ではアイランド型やペニンシュラ型にしたいという希望者も多いようです。どれが最適かを判断する上で助けになるのは、作業動線の長さとダイニングとの位置関係です。

キッチンの中で必要となるのは、シンク、コンロ、そして冷蔵庫です。使用頻度が高いこれら3つの場所をつなぐ線は作業動線と呼ばれていて、この長さが3.6mから6m以内に収まると効率が良いと判断されます。。ただしI型のキッチンについては例外として2.7m以内に収まると効率が良いとされています。これ以上に長いと無駄な動きが多すぎることになり、作業をしていて疲れやすくなります。一方で線の長さが短すぎる場合、動く範囲は小さくなるものの、調理スペースなどに余裕がなくなり、結果として作業効率は悪くなってしまいますそれでキッチンの大きさと形状に合わせてシンクなどの置き場所を決めたら、その作業動線の長さを測ることによって、配置の良しあしを判断することができるでしょう。

レイアウトを決定する上でもう一つ大切なことは、キッチンとダイニングの位置関係を考えることです。キッチンが一つの部屋として独立している場合と、リビングダイニングとの一体型の場合では、キッチンの用途に関するコンセプトが大きく異なります。リビングなどと繋がっている場合には、家族とのコミュニケーションを図りやすいオープン型や対面型を選ぶことで用途に沿った使い方ができるでしょう。

玄関のバリアフリーに含まれること
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

玄関は生活の中でも特に使用頻度の多い場所なので、バリアフリーのリフォームをする場合にはいろいろな点を考慮する必要があります。年配の方は体力の低下と共に外出は少なくなるかもしれません。ただ一方で、来客の応対をする回数は増えるかもしれず、そうした時に玄関が便利で快適な空間になっていると安心することでしょう。では玄関のバリアフリーをする際に、どんなポイントを押さえておくとよいでしょうか。

年齢を重ねてくると握力も弱くなってくるため、ドアノブを回して押したり引いたりすることに困難を覚えるかもしれません。また車いすを利用している場合は、扉を開けるという作業そのものが大変になり、また取っ手の位置があまりに高いと届かないかもしれません。また車いすが通れる十分な幅がないというケースも見受けられます。こうした不便さを解消するためには、開きやすく通行の幅も十分に確保できる両引き戸か、引き違いの引き戸が有効でしょう。これらの引き戸は玄関の段差がかなり小さいという面でも有用です。また玄関ポーチで車いすの向きを変える手間を解消するために、キーレスで施錠できるタイプの扉もあります。

バリアフリーには、バリアつまり障害となるものに気付きやすくするという面も含まれます。この点で玄関に足元を照らす小型照明をつけるのはよい方法です。感知式センサータイプのものでれば千円前後で購入が可能です。また玄関前に暗さを感知する自動照明を設置することで、夕方のうす暗くなる時間帯に起こりがちな転倒事故を避けることができるでしょう。

食器洗浄乾燥機の効能とは?
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

食器洗い乾燥機と聞くと、かなり高級な家電のように感じる人が多いようです。それでも最近では、洗浄に加えてすすぎ、乾燥までしてくれるというその便利さゆえに普及率が向上してきています。また専用洗剤とお湯を使って丁寧に洗いあげるので仕上がりは非常に綺麗で、「手洗いに比べてあまり汚れが落ちないのでは?」という心配も必要ありません。こうした評判から、キッチンのリフォームをする際に食器洗い乾燥機の購入を検討する人も増えてきています。

食器洗い乾燥機には、ビルトインタイプと据え置きタイプの2種類があります。ビルトインタイプでは、シンクやキッチンの下にあるスペースに本体を収納してしまうので目立たないという利点があります。また大きいサイズのお皿なども余裕で洗うことができます。取り付け工事は必要になるものの、キッチン全体としての概観を損なうことがないという点も、ビルトインタイプの大きなメリットと言えるでしょう。

据え置きタイプの食器洗い乾燥機は、設置が容易という大きなメリットがあります。食器洗い機専用の電源は特殊なので、通常は業者に依頼して設置してもらう必要があります。ただ最近ではこの電源があらかじめ設置されているケースも増えています。その場合は、キッチンの蛇口の型番を調べて分岐水栓を選び、そこから食器洗い機につなぐことによって水源を確保して準備完了となります。また据え置きタイプは比較的手ごろな値段で購入できる、という点も人気の理由となっています。

クロスを張り替える時に覚えておいてほしいこと
2015.12.26 リノベーション

壁紙に黄ばみが出てきたり何か所にもわたってひび割れがあるようなら張り替えのサインと言われています。最近ではシックハウス症候群への対策としてクロスを張り替える人も増えてきています。

張り替え前にまず悩むのがデザイン選びでしょう。カタログブックだけでも数多くあり、それぞれに多種多様なデザインや色のクロスが載せられています。好みの色や柄を見つけたとしても、それが本当に自分の部屋に合うのかすぐにはわからないからです。まずはベースとなる色を決めることが大切です。部屋にある家具の色を念頭に置いて、ベージュやグレーなどのベーシックな色からイメージしていくと良いでしょう。できるだけ大きなサンプルを使って、実際に照明が当たった時にどのように映るかを確認することが大切です。薄めの色を選ぶと、強い照明に照らされたとき全体的に白っぽくなってしまう、ということが起こり得ます。ですから気に入った色の少し濃いめを選ぶと良いでしょう。

クロスリフォームで覚えておくべきもう一つのポイントは、古い壁紙をはがした際に残る下地についてです。無論職人さんは改めて下地処理をしてなるべく平面になるように整えてくれるわけですが、それでも真っ平らになることが非常に難しいので、新しい壁紙を張ると凹凸になる部分が必ずできてしまいます。これを目立たなくするために、新しいクロスは薄手のものではなく厚手のものを選ぶことが勧められていて、この点に特化したリフォーム専用の壁紙も販売されています。