住まいの相談窓口 株式会社サンクレスト

tel055-944-6817

お問い合わせ

ブログ

『リノベーション』カテゴリーの投稿一覧

玄関のバリアフリーに含まれること
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

玄関は生活の中でも特に使用頻度の多い場所なので、バリアフリーのリフォームをする場合にはいろいろな点を考慮する必要があります。年配の方は体力の低下と共に外出は少なくなるかもしれません。ただ一方で、来客の応対をする回数は増えるかもしれず、そうした時に玄関が便利で快適な空間になっていると安心することでしょう。では玄関のバリアフリーをする際に、どんなポイントを押さえておくとよいでしょうか。

年齢を重ねてくると握力も弱くなってくるため、ドアノブを回して押したり引いたりすることに困難を覚えるかもしれません。また車いすを利用している場合は、扉を開けるという作業そのものが大変になり、また取っ手の位置があまりに高いと届かないかもしれません。また車いすが通れる十分な幅がないというケースも見受けられます。こうした不便さを解消するためには、開きやすく通行の幅も十分に確保できる両引き戸か、引き違いの引き戸が有効でしょう。これらの引き戸は玄関の段差がかなり小さいという面でも有用です。また玄関ポーチで車いすの向きを変える手間を解消するために、キーレスで施錠できるタイプの扉もあります。

バリアフリーには、バリアつまり障害となるものに気付きやすくするという面も含まれます。この点で玄関に足元を照らす小型照明をつけるのはよい方法です。感知式センサータイプのものでれば千円前後で購入が可能です。また玄関前に暗さを感知する自動照明を設置することで、夕方のうす暗くなる時間帯に起こりがちな転倒事故を避けることができるでしょう。

食器洗浄乾燥機の効能とは?
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

食器洗い乾燥機と聞くと、かなり高級な家電のように感じる人が多いようです。それでも最近では、洗浄に加えてすすぎ、乾燥までしてくれるというその便利さゆえに普及率が向上してきています。また専用洗剤とお湯を使って丁寧に洗いあげるので仕上がりは非常に綺麗で、「手洗いに比べてあまり汚れが落ちないのでは?」という心配も必要ありません。こうした評判から、キッチンのリフォームをする際に食器洗い乾燥機の購入を検討する人も増えてきています。

食器洗い乾燥機には、ビルトインタイプと据え置きタイプの2種類があります。ビルトインタイプでは、シンクやキッチンの下にあるスペースに本体を収納してしまうので目立たないという利点があります。また大きいサイズのお皿なども余裕で洗うことができます。取り付け工事は必要になるものの、キッチン全体としての概観を損なうことがないという点も、ビルトインタイプの大きなメリットと言えるでしょう。

据え置きタイプの食器洗い乾燥機は、設置が容易という大きなメリットがあります。食器洗い機専用の電源は特殊なので、通常は業者に依頼して設置してもらう必要があります。ただ最近ではこの電源があらかじめ設置されているケースも増えています。その場合は、キッチンの蛇口の型番を調べて分岐水栓を選び、そこから食器洗い機につなぐことによって水源を確保して準備完了となります。また据え置きタイプは比較的手ごろな値段で購入できる、という点も人気の理由となっています。

クロスを張り替える時に覚えておいてほしいこと
2015.12.26 リノベーション

壁紙に黄ばみが出てきたり何か所にもわたってひび割れがあるようなら張り替えのサインと言われています。最近ではシックハウス症候群への対策としてクロスを張り替える人も増えてきています。

張り替え前にまず悩むのがデザイン選びでしょう。カタログブックだけでも数多くあり、それぞれに多種多様なデザインや色のクロスが載せられています。好みの色や柄を見つけたとしても、それが本当に自分の部屋に合うのかすぐにはわからないからです。まずはベースとなる色を決めることが大切です。部屋にある家具の色を念頭に置いて、ベージュやグレーなどのベーシックな色からイメージしていくと良いでしょう。できるだけ大きなサンプルを使って、実際に照明が当たった時にどのように映るかを確認することが大切です。薄めの色を選ぶと、強い照明に照らされたとき全体的に白っぽくなってしまう、ということが起こり得ます。ですから気に入った色の少し濃いめを選ぶと良いでしょう。

クロスリフォームで覚えておくべきもう一つのポイントは、古い壁紙をはがした際に残る下地についてです。無論職人さんは改めて下地処理をしてなるべく平面になるように整えてくれるわけですが、それでも真っ平らになることが非常に難しいので、新しい壁紙を張ると凹凸になる部分が必ずできてしまいます。これを目立たなくするために、新しいクロスは薄手のものではなく厚手のものを選ぶことが勧められていて、この点に特化したリフォーム専用の壁紙も販売されています。

タンクレストイレが選ばれている訳
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

トイレのリフォームをする際に多くの方がタンクレスのトイレを選ぶようになってきています。洗浄水をためるタンクありのトイレと比べるとおよそ1万円から5万円ほど割高ではあるものの、その利便性から特に女性や年配者に人気が高いようです。

タンクレストイレのサイズは約75cmで、タンクありのトイレと比べると10cmほど小さくなります。この10cmが広がるだけでトイレの室内ではかなり広く感じられます。またタンクがないことから見た目の圧迫感も少なくなっています。また多くのタンクレストイレには、人の動きを感知すると自動的に便座のふたが開閉する機能が付いていて、ふたに触るということに抵抗感のある人だけでなく、腰を曲げることが大変でふたを上げるだけでもつらい、という年配者にも大変好評です。さらに、便座内に照明が取り付けられているタイプもあります。これは夜間にトイレを使用する際、便座の位置をはっきりと示すことで、男性が立って用を足すときの助けとなり、また座る際にバランスを崩して便器内にはまりこんでしまう、という事態を避けることもできます。

タンクレストイレを選ぶと、手を洗う場所を別に設置することが必須で、そのための給排水の設置工事も必要になります。ただ最近では手洗い器もインテリアの一部として考えられるようになってきていて、リフォームのプランに含まれるケースも増えています。また電気で水を流すタンクレスでは、停電時にバケツなどで水を流す不便さがあり、これを解消するために最近では手動レバーや充電池が内蔵されたモデルが発売されています。

食器洗浄乾燥機は本当に省エネなのか
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

「食器洗い乾燥機って、本当に省エネになるの?」という疑問を抱く人が未だに多くいます。電気を使う分だけ消費が大きくなるわけだから、手洗いの方がお得に違いない、と考える人もいらっしゃることでしょう。また、食器洗い機は水をどんどん流して洗っている、という誤解も影響しています。食器洗い機の基本的な働きは、最初にためたわずかな水を高圧で吹き付けて洗う、というものです。そしてデータが示すところによれば、食器洗い乾燥機を使うことは間違いなく省エネにつながります。

食器洗い機のサイズは6人分が一般的なので、6人分の食器およそ40点を洗うとして考えてみましょう。手洗いをした場合との水使用量は80Lから100Lになります。一方食器洗い機を使うと、メーカーによって多少の差はあるものの、約8Lから10Lで洗いあげることができ、手洗いと比較するとおよそ10分の1の量で済みます。これを一日3回行うとすればおよそ250Lの水を毎日節約することができるのです。

水を温める際や乾燥機能を利用することで電気代がかさむのではないか、という心配もあることでしょう。ただお湯で食器を手洗いした場合にはガス代がかかりますから、そのコストと比較すると、食器洗い乾燥機で洗った方が光熱費はおよそ半分で済みます。電気料金のお得な深夜に洗浄すればさらにコストを抑えることが可能で、確かに食器洗い乾燥機は省エネに大きく貢献すると言うことができるでしょう。

太陽光発電システムを導入してお得な電気代
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション, 太陽光発電

温室効果ガスの影響が世界的規模で叫ばれる中、地球温暖化対策の一環として太陽光発電システムが脚光を浴びています。このシステム導入には国の補助金制度を活用できることから、家庭におけるリフォームの一つとして考えられるようになってきています。また発電して余った電気は電気会社が買い取ってくれることから、家計の助けとしても注目されています。では太陽光発電システム設置に際して具体的にどんな点に気を付けて判断すればよいのでしょうか。

家庭用の太陽光システムを搭載する場合、一般的な戸建て向けとしては出力3kWから4kWのタイプが主流で、初期費用は1Kwあたり30万から50万円程度が必要となります。ただ、太陽光発電パネルを付けてしまうと後になって屋根の塗装が難しくなることから、前回の塗装から経過した年数次第では、さらに塗装代が必要となることもありえます。太陽光発電システムで使用するパネルにはシリコン系とCIS系があり、それぞれの特長についてきちんと理解した上で選ぶことは重要です。特に発電効率や発電量は設置後の電気代に直接影響するものですから、前もって施工業者と入念な打ち合わせをすることが大切でしょう。

日中に発電した電気に余剰が発生した場合は、電気会社が割高な金額で買い取るシステムとなっています。ただし、家庭の電気使用量が太陽光発電システムの発電量を上回った場合は、日中に消費する分に関しては割高な金額で電気会社から購入することになります。それで、日中の在宅率など家族としての生活リズムを踏まえた上で決定することをお勧めします。

過ごしやすいトイレの秘訣はこれだ
2015.12.26 バリアフリー, リノベーション

冬暖かく、夏涼しく過ごせる家に住めたらどんなに良いことかと思います。外気の影響を受けにくい部屋は冷暖房の効きが良くなるため、経済的にもお得と言われています。リフォームを希望する大半の人が断熱をどこまで実現できるかに注目していて、特にトイレの断熱にこだわった注文が多いようです。

一般的な家の間取りとして、リビングや居室は南向きに配置されるため、結果として大抵の場合はトイレの位置はほとんど日が差さない北向きになり、部屋としてはほとんど暖まらない、ということが観察されています。加えて水回りであることから湿気も多くなりがちなので、冬場は底冷えのする寒さで、夏場は湿気が多くて大変という声も聞かれます。トイレの場合、単純に断熱材を壁に敷き詰めるだけでは効果は不十分なものとなります。さらに暖房設備と24時間換気を実現する必要があるでしょう。

暖房設備という面では、小型の温風ヒーターやパネルヒーターを設置するのも良い方法です。どちらも瞬間的に暖まるわけではなく、24時間稼働させておくことが理想的です。加えて、最近ではタンクレストイレの中で、便座を温めるだけでなく部屋暖房機能が備わっているモデルがあります。値段は約1万5千円からと比較的購入しやすい値段で、高齢者からの人気が高まっています。これらに加えて、熱気と湿気がこもってしまわないための換気システムとして、センサーで人の出入りを感知して作動するタイプの換気扇を取りつけるなら、一定の快適な温度を保つことができるでしょう。